近年はお墓や供養に関する考えが変化してきています。昔は代々お墓を守っていくことが多かったのですが、核家族化や少子化が進んだ結果、遠方にあるお墓や、複数のお墓を管理していくことが難しくなってきました。そこで、今あるお墓を撤去して、一つのお墓にまとめたり永代供養墓に移したりすることが増加しています。いわゆる墓じまいです。
ただ、お墓は個人の意思で勝手に動かすことができないので、一定の手続きが必要です。お墓の引っ越しになるので、移転先といまある墓地との間でスムーズに移転することが大切です。
移転先が決まったら「受入証明書」を出してもらいます。いまある墓地の了承を得て、役所で「改葬許可申請書」を提出して許可をもらいます。遺骨をお墓から取りだす「閉眼法要」を行ってから移転させます。もとのお墓は解体してもらい、更地になります。
墓じまいには手続きが必要で、それなりに費用も掛かります。簡単には決められないことなので、親戚とよく相談してから決定しましょう。