高齢化によって墓の手入れが出来なくなったり、お墓のある場所が遠くて手入れに行くことが困難であったりと、さまざまな理由で墓を手放さざるを得ないというような状況の人が現在は増えています。では、墓じまいというのは具体的にどのようなことを行うのでしょうか。
まず、墓じまいを行う場合には「改葬手続き」を行う必要があります。墓がある市町村から墓じまいに必要となる書類を受けとります。墓じまいをする際には出骨作業を行わなくてはなりませんので、お墓のある寺院などに「御魂抜き法要」をおこなってもらい、遺骨を受けとります。遺骨は手元供養も可能ですし、お寺に永代供養を依頼することも出来ます。保管先に遺骨を移送したら、墓石の解体作業に取りかかります。これは石材店に行ってもらう必要があります。更地に戻したら終了となります。費用は墓の大きさや遺骨の保管方法、地域によっても異なりますが、十万円から三十万円程度であるとされています。