多数派の供養方法といえばお墓なのですが、散骨には多くのメリットがあるのでかなりオススメです。例えば、散骨は最初の手間だけでいいのが特長です。お墓のようにずっと手間がかかることはないので散骨を選んで損はないです。散骨ではきちんとした供養にはならないと感じる人がいます。しかし、供養したい気持ちをしっかり持って散骨をすればお墓でなくても大丈夫です。ただ、お年寄りの中には散骨をすることに抵抗を持つ人がいることもあるので、遺族と何度も話し合ってから散骨にするとあとで問題が起きないです。散骨に適した場所として有名なのは海や山です。自然があまり多くない場所を選ぶよりも広大な自然の風景がある場所で散骨をしたいと考えることは当然です。日本には散骨をするのにふさわしいスポットが多くあります。もし非常にきれいな海を散骨する場所にしたいのならばハワイなど海外を選ぶと満足できます。故人の供養に最も合っている場所を考えることが大事です。