ご先祖様を供養する際には墓を作ることが多いのですが、しかし最近ではコストの問題や管理面のことを考えて墓じまいをする方も増えてきています。墓じまいというものは墓石を撤去して墓地を返還する一連の行為であり、色々な理由から墓じまいをするそうです。お墓を継ぐ人がいなかったり、あるいは墓自体が遠方である、高齢になりお墓参りが体力的に辛いなど色々な理由から墓じまいをする方が増えてきました。

この墓じまいの作業には大まかに分けて2つの工程が存在します。まずは遺骨の新しい納骨先を見つけるという点と、もう一つが墓石や墓所の返還手続きという点があり、どちらも各所に相談をすることが大切です。新しい納骨先としては永代供養、納骨堂、樹木葬、散骨、新しい墓を作る、手元に置くなど様々な方法があります。値段なども違ってくるので自分に合ったものを考えましょう。また墓石や墓所の返還手続きに関しては墓所や書類手続きのために行政に掛け合う必要があるので、まとまった時間がある時に行いましょう。